ブログで情報発信しよう!

無料ブログは永遠に不滅…ではありません!

さて、今日からはブログのツールについてご紹介していこうと思った矢先に、こんなニュースがヤフーから流れてきました。

「はてなダイアリー」2019年春にサービス終了 15年続く一時代を築いたブログサービス
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6295185

はてなは8月30日、同社が提供するブログサービス「はてなダイアリー」を2019年春をめどに終了すると発表しました。同サービスは2003年から提供されているもので、シンプルな見た目やユーザー間の交流のしやすさなどから人気を博しました。2011年には実質的な後継サービスである「はてなブログ」のベータ版が提供され、2013年にはその正式版もリリースされました。

いやー!ちょっとショックです。一つの時代が終わった感じもしますね。私が大好きなブロガーさんも、ずっとこのはてなダイアリーで書かれていたので、はてなブログに移行するのかなぁ・・・。ま、それはさておき、何をお伝えしたいかというと、無料のブログサービスはこのような形で終了してしまうということです。

もちろんはてなダイアリーも、これまで書いたブログを同社のはてなブログや、他のブログサイトにインポート(移行)できるようなツールを提供されているので移行すれば消滅はしませんが、サービス終了までにその作業を自分でしなければ消えちゃいますし、移行時にURLも変わります。(独自ドメインを設定できるブログサービスも一部ありますが)

無料でサービスを利用している以上、ブログの移行作業やサービス終了については受け入れるしかありません。

無料ブログは商用利用ができない?

また、無料ブログ界の王者「アメブロ」が商用利用を禁止しているという話は、チラッと聞いた方もいると思いますが、厳密には【アメブロ内での商品やサービスの販売をしてはいけない】ということで、アメブロでもビジネス・商売に関する情報発信やサービスの紹介などは基本的には問題ありません。

ただ、アメブロだけでなく、どの無料ブログサイトでも、利用規約に「公序良俗に反するブログ」「ねずみ講(ネットワークビジネス)に関するブログ」を書いてはいけないという禁止事項は入っており、こういった内容をブログで発信した場合は、ブログアカウントの停止処分、ブログの削除となりますので、どのサービスを利用する場合でも、利用規約(特に禁止事項)はしっかりチェックしておきましょう。

無料ブログサイトの商用利用は、ねずみ講やマルチ以外のビジネス・商売の情報発信として利用する場合にはほぼ問題はないと思います。ただ、ブログサイト側にマルチだって思われたら削除されますので、その点は誤解されないように気を付けましょうね。

また、商用利用というのは、ブログを使って自身のビジネスや商売PRする云々というよりも、アフィリエイトのリンクを掲載したり、グーグルアドセンスなどの広告を入れるのが禁止かどうかという点で気にする人が多いので、そういったもので稼ごうと思っていない方は、あまり気にしないでいいと思います。

どのブログサービスを使えばいいの?

前置きが長くなってしまいましたが、ブログを書く場合、現時点では3つの選択肢があります。

1.無料ブログサービスを利用して書く
(アメブロ、ライブドアブログ、FC2ブログなど)

2.無料・有料ホームページサービスのブログ機能を使ってブログを書く。

3.レンタルサーバーを契約してWordPressを入れてブログを書く。

それぞれ、メリットデメリットがありますので、次回詳しく書いていきます。