有料版 Jindo,WiX,AmebaOwnd,OnePage&BiND,あきばれHP★12の視点で比較★

まず、各サービスの有料プランの一押しは、月額\1,000前後(年額1万円程度)でした。

自分でサーバーを借りてSSL設定を入れ、Web製作用のソフトを揃える時点で1万円以上かかりますし、製作ソフトを使わずに、WordPressを利用した場合でも、自分でSEOのツールを入れたり、Google Analyticsを設定するのは、それなりの知識が必要になってくるので、これらの有料プランはお値段以上の価値がありそうです。知識不要で様々な機能が使えるのもいいですね。

※2018年8月29日現在
※各サービスのサイトに記載された内容で比較
(実際に各有料プラン、サービスを利用しないでこの記事は書いています。万が一違う点があればご容赦ください。)

無料ホームページサービスの有料プラン 比較表

One Page
ENTRYプラン
Ameba Ownd
(プレミアムプラン
Wix
無制限プラン
Jimdo
PROプラン
月額費用 \880 \960 \1,266 ¥945
初期費用 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
独自ドメイン使用
フォーム設置 ×
ブログ(CMS)設置 ×
広告非表示
SNS連携
ショップ開設 × ×(※) 〇(※)
SEO設定
アクセス解析
スマホ対応
エディタ速度 ×
SSL対応
難易度 ★★★ ★★
特記事項 公開ページ数
5ページ
PV10万まで/月
ストレージ制限なし ※eコマースプラン(月額\1,641)から利用可能 Proコースにはストレージ制限あり
※Jindo Bisinessプラン(\2,450)から、ストレージ制限なし、ネットショップ機能も強化

 

まずは、自分の必要な機能のあるサービスを無料で使ってみて、使い勝手やデザインが気に入ったら、有料プランに切り替えるというのが一番いいかなと思いますが、そんな検討するような時間はないよ!という方に、あえてオススメするとしたら・・・(想像の範囲です)

One Pageは使いやすさはダントツなのですが、入る情報量が少ないため(前回も書きましたが)イベント集客など専用ページとして利用するのがオススメです。

Ameba Owndは、あまりPC操作が得意でない人にオススメ。デザインも素敵です。但しお問い合わせフォーム機能がAmeba Ownd自体にないため、他のフォームサービスからHTMLタグを入れて設定する必要があります。設定方法は以下のサイトを参考に(未検証です)

※Ameba Owndにお問い合わせフォームを設置する方法
https://tayori.com/blog/ameba_ownd/

Jindoも、PC操作が得意でない方(不得意のレベルによりますが)でも使いこなせると思います。こちらはフォーム設置が自動なので、その点で比較したら、Ameba Owndより楽かもしれません。デザインが難点なのですが、気に入ったものが見つかったらまずは無料で使ってみて下さい。動作も軽く、サクサク更新できます。

WiXは、沢山の機能が欲しい方、またPC操作はもちろん、Web系ツールにも詳しくて勉強するの大好き!という方はぜひ。私も勉強します(汗

 

さて!さらに、有料のホームページ作成サービスで最初にオススメした、BiNDとあきばれホームページも同じように比較してみました。どちらも無料サービスの有料プランに比べると若干費用が高めですが、やはり機能やサービスが充実しています。

有料ホームページサービス 比較表

BiND クラウド あきばれHP
月額費用 \2,480
(プロコース)
¥4,900
初期費用 ¥0 ¥49,800
独自ドメイン使用
フォーム設置
ブログ(CMS)設置
広告非表示
SNS連携
ショップ開設 ×
SEO設定
アクセス解析
スマホ対応
エディタ速度 未調査
SSL対応
難易度 未調査
特記事項 初年度無料のコースもあり(無料コースは独自ドメイン利用不可、広告表示など制限多数。) 初期費用にはコンサル費用、SEO設定、デザイン、11ページの作成費用を含む

 

BiNDクラウドは、私もまだサイトを作ったことがないので(BiNDのアプリ版のみ利用)近々、初年度無料版を使ってみたいと思います。作ったらまたご報告しますね。

あきばれホームページは、PC操作全く無理!という方に対して、コンサルティングからページ作成まで行って納品してくれます。ただ、納品後にページを追加したり、記事を追加していく際には、それなりにPC操作が求められます。なので作りっぱなしになる恐れが…。サポートがしっかりしているようなので、使い方をマスターして、きちんと更新できるよう頑張りましょう!

ホームページはWebコミュニケーションの着地点&スタート地点です

ということで、Webコミュニケーションのツールの第一として、無料・有料ホームページ(Webサイト)の作成方法についてご紹介してきました。

ホームページは、SNSやメールマガジンなどの着地点としても必要ですが、検索サイトから見つけてもらうスタート地点でもあります。独自ドメインも今は¥1,000円程度で取得できますので、ビジネス利用の場合は、SEOの面からも独自ドメインの取得をお勧めします。私は自分のドメインのホームページを立ち上げた時は、インターネット空間に自分の家を建てたような気分にもなりました。(^^)

次回からは、Webコミュニケーションツール2つめ「ブログ」について、ご紹介していきます。