かもめストーリー(5)在宅ワーク→フリーランス

在宅ワークの孤独感

2007年頃から、知り合いから仕事をもらい在宅仕事をスタートしたものの、子供は保育園を退園して3年保育の幼稚園に通っていたので、働ける時間はかなり限られていました。それでも仕事を通じて社会と繋がってことで精神的には安定し、本来の自分を少し取り戻していきました。

ただ、作業は一人で自宅で黙々とこなすのでそれが結構辛くもあり、会社員だったらチームや職場の人に気軽に相談できることも、一人で悶々と悩んだりと、在宅ワークの孤独感も同時に感じていました。それでも、いくつかのお仕事を人づてでいただき、少しづつは収入が増えてはいったものの、会社員の収入には遠く及ばず。

2008年、自分に気合をいれるために、個人事業主として「かもめオフィス」の屋号をつくってみたもの。どうしたら仕事が増やせるのか、仕事をもっと楽しくやりがいのあるものにできるのか・・と悩む日々でした。

フリーランスチームに参加!

2009年の終わりごろWebマーケティングのお仕事をフリーでやっている方に出会ったことがきっかけで、その後フリーランスのチームに所属し、Webマーケティング、さらには自分が得意としていたメルマガやサービス企画に通じるWebコミュニケーションのお仕事をすることになりました。

フリーランスチームに参加できたことで、仕事の量も内容もずっと規模が大きくなり、チームの中で得意分野を担当したり、チームで考えて動いたりと、それぞれリモートではありましたが、まるで会社で働いていたころのような一体感を持ちながら、本当にいい環境でお仕事をさせていただいていました。(このチームのお話は、また別の機会に。)

2018年 チームに参加して9年近くが経ち、私も子育てのフェーズが変わってきたので、この夏からこれまで開店休業状態だった「かもめオフィス」に軸を変えて、また新たな旅をスタートさせました。今現在、個人でビジネスをスタートする方のWeb系サポートや、Webページはあるものの活用にお悩みの企業様などへのアドバイス・支援などのお仕事を開始しています。

・・かもめストーリーいかがでしたでしょうか?

私のバックグラウンドや、これまでの経歴を語らせていただきました。
オウンドメディア、企業様のサポートや運営はこれまでも沢山してきましたが、個人のメディアってなかなか難しいですね。
昔々のメールマガジンを発行していた頃を思い出しながら毎日書いてみました(^^)
ここでの知見なども、今後みなさまにお伝えしていければと思っております。

つづく